岐阜市での太陽光発電システムの導入

最近では、地球温暖化の問題対策が世界的に必要とされています。
そして、個人レベルで可能な温暖化対策として太陽光発電システムの導入が考えられます。
太陽光発電システムとは、太陽の熱エネルギーをソーラーパネルにあてることで電力を発生させる仕組みを言います。
この発電方法では二酸化炭素など地球温暖化につながるような有害物質を排出しないため地球環境に配慮した発電方法だといわれています。null
しかし、太陽光発電システムの導入には、多額のコストがかかってしまいます。
そこで、各自治体が補助金の予算枠を設けて、システム導入の促進に努めています。
岐阜市においても平成24年度には太陽光発電システムを設置する個人や法人、また設置されている建売住宅を購入する人などを対象に予算枠を設けて補助金の申請が受け付けられていました。
地球温暖化を防止するだけでなく、節電にも寄与する太陽光発電はさらに今後発展の必要があるため、岐阜市だけでなくその他の各自治体においても推進の政策が求められつつあります。