太陽光発電システムを購入設置する場合

太陽光発電システムは、発電システムの主なパーツとなるソーラーパネルを屋根の上に設置しますから、自宅の屋根の形や大きさにより発電量は大きく異なります。null
太陽光発電システムの購入、設置に際しては製造メーカーの選定も重要な段階となりますが、自宅の屋根の形状を念頭に置いた選択が重要になるでしょう。
岐阜県大垣市で太陽光発電システムを購入設置する場合、建売住宅であれば大手ハウスメーカーの規格住宅が多いので、汎用品のソーラーパネルを使用できるでしょう。
注文住宅の場合は屋根の形状が特殊な場合があるので、ソーラーパネルについては汎用品と注文品の組み合わせが必要な場合もあります。
太陽光発電システムは設置に初期費用がかかってしまうので、コストをより抑えるにはソーラーパネル製造メーカーの選定をよく検討する必要があります。
大手ハウスメーカーの規格住宅の場合は屋根が広く、ほとんど突起物のない平面の屋根ですからソーラーパネルを屋根の上にきれいに敷き詰める事ができるでしょう。
ソーラーパネル一枚あたりの単価が安い多結晶モジュールパネルを敷き詰める事により、低コストで高い発電効率を期待できます。
注文住宅の屋根の場合は屋根に出窓があったり、突起物があったり、狭い土地を有効活用する設計思想で住宅を建築しているために屋根の面積が狭いケースが多いでしょう。
屋根面積が狭い住宅に太陽光発電システムを設置する場合は、発電効率が高い単結晶モジュールパネルが良いでしょう。